【親の未納税7】相続放棄完了 裁判所から「相続放棄申述受理通知書」到着【最終回】

スポンサーリンク

前回の記事で、裁判所に「回答書」を返送したことをお伝えした。その結果、裁判所から「相続放棄申述受理通知書」が郵送されてきた。これで、親の負の財産を放棄できたことになる。

裁判所から送られてきた書類

以下は、裁判所から送られてきた「相続放棄申述受理通知書」。

%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e6%94%be%e6%a3%84%e7%94%b3%e8%bf%b0%e5%8f%97%e7%90%86%e9%80%9a%e7%9f%a5%e6%9b%b8-logo_in

私に「負の財産」が降りかかったのが9月23日のこと。そこから、手続きが完了するまでに約3週間かかった。現在私は管轄の裁判所から離れた場所に住んでいる。もしも、裁判所に直接行かないと手続き出来なかったとしたら……。それこそ交通費だけでかなりの金額がかかっただろう。

ちなみに、以下の書類も同封されていた。さらに追加で「相続放棄申述受理証明書」が欲しい人向けに用意されている書面のようだ。

cimg4250-logo_in

家族にマイナスの財産は残さない

「子供にはマイナスの財産は残してはダメ」。私にはまだ子供はいない。しかし、今後のことを考えて「マイナスの財産を作らずに生きたい」と、今回の手続きを通して感じた。負の財産をもらって嬉しい人はいないだろう。

正直言うと、面倒な手続きだった。とはいえ、このような経験ができる機会は少ない。貴重な経験をさせてくれた、いまは亡き父に「ありがとう」と伝えたい。

文:ヒトスジリョウカ

▼関連記事
【親の未納税1】「未納税を払ってください」役所からの未納通知書 / それは死んだ親の「負の遺産」
【親の未納税2】「相続放棄」の手続きが必要 / 市役所から書類を取り寄せる
【親の未納税3】「親の戸籍附票」「戸籍謄本(除籍)」を取り寄せる書面を郵送
【親の未納税4】「戸籍附票 」「 戸籍謄本(除籍)」到着。次は裁判所あてに書類を郵送
【親の未納税5】裁判所へ郵送した書類が「重量超過」で戻ってきた
【親の未納税6】裁判所から「照会書」「回答書」が届いた。記入して送り返す
【親の未納税7】相続放棄完了 裁判所から「相続放棄申述受理通知書」到着【最終回】