「ありがとう」にフィナンシェを! 感謝の気持ちに贈り物はいかが? / アンリ・シャルパンティエ

普段から贈り物をすることがない人でも、何かの機会に贈り物をすることもあるかもしれない。しかし、慣れていないと「何を贈ったらいいのか分からない」と頭を悩ませるだろう。

私自身、誰かに贈り物をする機会は ほとんど無い。というか、まったく無い。だから気の利いた贈り物なんてできない……っていうか、贈り物ならロースハムでしょ!(個人的な好み)

こんな贈り物ビギナーな私がお伝えしたい。いや、贈り物ビギナーだからこそお伝えしたい! ちょっとした贈り物なら、アンリ・シャルパンティエの『フィナンシェ』がオススメだ!!

「堅実な味」だからこそ贈り物向き!

私はフィナンシェが大好きだ。一時期は、コンビニで売っているフィナンシェをよく食べていた。しかし「アンリ・シャルパンティエ」(以下、アンリ)の存在は、嫁がアンリのフィナンシェを買ってくるまで知らなかった。

こちらがアンリのフィナンシェ。価格は 130円+税。

外装フィルム中央のマークはアンリのロゴ。メーカーに問い合わせたところ、「ヨーロッパの、ろうそくを立てるための台(燭台 – しょくだい)をイメージしています」とのこと。燭台だったのか! おしゃンリ! イチゴが乗ったケーキかと思ってた……。

さて、肝心のお味だが……

うん、フツーに美味しい。しっとりした、程よい甘さの生地。舌の上でサラッと溶けるような食感。鼻の奥に抜けるバターの香りが素敵! バターといってもバターケーキのようにバターバターしているわけではなく、意識すればバターだと分かるバター感なのでご安心を。

このフィナンシェは「堅実な味」だ。言い換えるなら「無難な味」ともいえる。だがしかし! 日常の中で “何気なく贈る物” だからこそ、奇をてらった味ではなく、万人受けしやすい物が便利ではないだろうか。

いつもの「ありがとう」に!

贈り物をもらう側としては、あまりに高価過ぎる物だと気が引けてしまう。だからといって何も送らないというのも寂しい。そんな時、手の届きやすいアンリのフィナンシェは使い勝手がいい。しかも美味しい!

贈り物で、誰かの人生を変える……ことはできないが、『笑顔』にすることはできるはず。いつもの「ありがとう」に、アンリ・シャルパンティエのフィナンシェを添えてみてはいかがだろうか。

なお、フィナンシェは全国のアンリ・シャルパンティエで単品売りしている。気になった男性諸君、ぜひ自分の舌でその味を確かめてみてほしい! オンラインショップもあるぞ!!

関連リンク:アンリ・シャルパンティエ /店舗情報 /公式オンライショップ
文:ヒトスジリョウカ

・・

▼ロゴがおしゃンリ~!

▼程よいバター感が美味しい!

▼いつもの「ありがとう」にそえる一品として!

▼Amazon でも販売中!

タイトルとURLをコピーしました