「掃除機、出し入れ面倒…」片付けない掃除機で楽をする / Electrolux「エルゴラピード・リチウム ベーシック」

私(ヒトスジリョウカ)は約15年ほど、まともに掃除機をかけたことがなかった。しかし、今回ご紹介する掃除機、エレクトロラックスの「エルゴラピード・リチウム ベーシック」(以下、エルゴラピード)に出会ってからは、掃除機がけが日課になった!

「掃除機をかけるのが面倒臭い」。人生において一度はこのように悩んだことはないだろうか? なぜ掃除機がけを面倒に感じるのか――以下のような理由が考えられる。

  • コンセント問題 → コードの長さが足りなかったり、付け外しが面倒
  • 片付け問題 → 掃除のたびに、毎回出し入れするのが面倒
  • 見栄え問題 → 出しっぱなしだと見栄えが悪い

では、この掃除機によって「問題がどのように解決できたか」をお伝えしていく。

コンセント問題を解決

まずはじめに「コンセント問題」。我が家は古い賃貸アパートのためコンセントの数が少なく、なぜか設置されている位置も悪い。

部屋A → 部屋B に移動するときは、必ずコンセントを抜く必要があった。さらに、コンセントから給電するタイプの掃除機では、コードの長さが足りず使いづらかった。

この問題は延長コードを利用することで解決できるかもしれないが、そもそも「コードの抜き差しが面倒」だ。根本解決するためには、コードを抜き差ししない掃除機が必要だった。

「エルゴラピード」はスティックタイプのコードレス掃除機のため、コンセントの抜き差しをする必要がない。これで「コンセント問題」からは開放された。

片付け & 見栄え問題を解決

次に「掃除機の片付け問題」。毎回、掃除機を準備 → 終わったら片付ける、というのは面倒で苦痛だ。これは、掃除機を出しっぱなしにすることで解決できる。

「エルゴラピード」には、充電器も兼ねた「床置き収納スタンド」が付属している。このスタンドに立てかけるだけで掃除機の片付けは完了だ。

ところが、今度は「見栄えが悪い」という問題が出てくる。しかし、この掃除機はデザイン性が高いため、出しっぱなしでもオシャレ。これで「片付け & 見栄え問題」からは開放された。

掃除機の出し入れが面倒だった!

以前、エレクトロラックスの方からこんな話を聞いた。

楽をすることが、こまめな掃除に繋がります。掃除機を片付けてしまうと、あとで出し入れが面倒になり、結局出さなくなります。掃除機がいつも表に出ていれば、思い立ったときに掃除機をかけることができます。掃除機を片付けないことが重要です。

ポイントは準備をしないこと。「掃除機をかける面倒」よりも、「掃除機の出し入れが面倒」だったのだ!

感動で鳥肌が立つことも!

・コンセント不要!
・片付け楽ちん!!
・見栄え良し!!! 

約15年ほとんど掃除機をかけたことがない私でも、いまは掃除機がけが好きになった。あまりの快適さに感動で鳥肌が立つときもある。

家事を頑張っている人こそ、もっと「楽」をしたほうがいい。ぜひ「エルゴラピード・リチウム ベーシック」で、あなたも毎日の掃除機がけを快適にしてみてはいかがだろうか!

【エレクトロラックス】100年以上続くスウェーデンの家電メーカー。1912年に世界初の家庭用掃除機「LUX 1」を販売。2001年には世界初のロボット掃除機「Trilobite(トリロバイト)」を販売した。現在では150カ国を超える国や地域で、年間5千万台以上の製品を販売している。

関連リンク:エレクトロラックス
文章:ヒトスジリョウカ
編集:ヒトスジヨウメイ

・・

▼ハンディークリーナーとしても使える!

▼アタッチメントもあるぞ!(別売)

▼フィルターは水洗いOK!

・・

▼「エルゴラピード・リチウム ベーシック」

▼上位モデル「エルゴラピード・リチウム プレミアム」

▼2019年5月24日発売、新商品「エルゴラピード・パワープロ プラス」