【文化庁確認】YouTubeの埋め込み問題なし! ただし違法アップ動画の埋め込みは非推奨

「ブログを書くときに、YouTube動画を記事内に埋め込みたい。でも、他人が作った動画コンテンツを、勝手に自分の記事に埋め込んでもいいの? もしかして、著作権違法になるんじゃない?」

結論からお伝えすると、YouTube動画を埋め込むことは問題ありません。

では、どういった条件であればYouTube動画を埋め込むことができるのでしょうか?

YouTubeの埋め込み機能を使えば問題なし

YouTubeの利用規約では以下のように説明されています。

お客様は、YouTubeの事前の書面による承認なく、本サービスまたは本コンテンツのいかなる部分(本コンテンツ(以下に定義します。)を含みますが、これに限られません。)をもいかなる媒体によっても配布しないことに合意します。ただし、YouTubeが、かかる配布を可能にする本サービスの機能(Embeddable Player等)を提供している場合は除きます。

引用:YouTube利用規約 第4.A条

簡単に説明すると、「YouTubeが提供する埋め込み機能(Embeddable Player)を利用すれば問題はない」ということです。

しかし、残念ながら動画の中には違法アップロードされたものも存在しています。では万が一、違法アップロード動画を記事に載せてしまった場合、著作権違法になるのでしょうか?

違法アップロード動画を載せたら?

文化庁著作権課に問い合わせたところ、以下のような説明でした。

著作権課担当者「現状では、違法アップロード動画を記事内にリンクを貼ったり、埋め込んだりすることは違法とはいえませんが、推奨はしていません。

ただ、最近の裁判で『違法アップロードされた動画や画像などのリンクを貼る行為は、著作権侵害行為を助長・幇助している』といった判例があります。

とはいえ、違法と判断されるケース、そうではないケースがあるようです」

書き手の品位・モラル

現状では、違法アップロード動画を記事に載せることは明確に違法とはいえないようです。かといって、好き放題やっていいということではありません。

私は記事を書くときに、動画の埋め込みを利用することが多いです。動画を埋め込むことで文章だけの記事よりも情報量が増します。さらに、記事に華やかさが出るといった利点もあります。

しかし記事に動画を埋め込むときは、違法アップロードされた動画か確認するようにしたいですね。もしかすると、書き手の品位・モラルが試されているのかもしれません。

・・・

なおYouTube動画の埋め込み方法は、以下の記事をご参照ください。

参考リンク: YouTube / 文化庁
文:ヒトスジリョウカ