ブログ初投稿? それなら「お悩み解決記事」を書けば読まれるよ!

ブログ開設したけど、初めて書く記事には何を書けばいいの? 「よろしくお願いします!」って挨拶記事を書いたほうが丁寧かな?

リョウカ
リョウカ

挨拶をする人は丁寧な印象を与えるね! でもブログにそれを求める検索ユーザーはいない。初投稿でも「読者の悩みを解決する記事」を書こう。

ブログの初投稿の記事に「初投稿! よろしくお願いします。」と挨拶記事を書こうとしていませんか? そんな記事は誰も求めていません。読者の心に寄り添う気持ちが大切です。

――なぜ読者は貴重な時間を使って検索をするのか?

それは「自分の悩みを解決したいから」です。貴方が初投稿で書くべきは「相手の悩みに答える記事」です。相手に寄り添う気持ちがあれば、貴方のブログは「成功の道をたどり始めた」と言ってもいいでしょう。

リョウカ

10年ブロガー。いくつものブログやサイトを、開設して潰す、開設して潰す、を繰り返す → 全然稼げない。またある情報を真に受けてペラ記事を大量生産 → もちろん稼げない。

心を入れ替え2019年5月から本格的に文章の勉強 & コピーライティングの勉強を開始。10ヶ月後にブログPV数27倍、ブログ収益10倍に増加。

2020年2月にはTwitterを開始 → 800時間以上研究 → 相互フォローせず2ヶ月で550フォロワー増加。2020年5月時点でフォロワーは890人ほど。

過去ブログで失敗した経験をもとに「読者の利益に繋がるヒント」をブログとTwitterで発信中!

じつは人見知り。カツカレーが好き。保護猫と同居中😺

リョウカをフォローする

初投稿でも「読者の悩みに答える記事」を書く

貴方が検索するときは「わからないことを調べるため」ではないでしょうか? つまり「悩みを解決するため」ですね。そんなときに誰かの挨拶記事は読まないですよね。わざわざ初投稿の挨拶記事に時間を割くなら、読者のためになる情報を書きましょう。そのほうが検索されやすくなります。

とはいえ読者がどんなことに悩んでいるのか把握できない人もいるでしょう。それなら貴方がいままで解決したことを書きましょう。貴方が困っていたということは、他の誰かも同じく困っている可能性が高いです。過去の自分に向けて記事を書くことで、似たような状況の人が検索します。その人の問題を解決することに繋がります。

また過去の自分へ向けて書くことでそのときの細かい状況も書けます。もちろん検索した人が、過去の貴方の状況と全て合致するわけではありません。ですが「悩みが発生する状況」には類似する部分もあるはず。人間、生きていれば何かしらの共通点はあるものです。

読者の悩みに答える記事は検索されやすい

初投稿から「読者の悩み」にフォーカスして書くことで、「自分の書きたい日記」ではなく「読者が求める情報」を書く癖がつきます。多くのブログ初心者が日記から抜け出せないのは、自分のことを「伝える」ばかりで、相手の悩みに「答える」ことに意識が向いていないからです。

Googleも「Google が掲げる 10 の事実」の中で以下のように説いています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用:Google が掲げる 10 の事実

つまり「読者目線で記事を書けば、あとでたくさん検索されるようになる。結果、収益にも繋がりやすくなる」と僕は解釈しています。事実、読者目線で記事を書くようにしてから、10ヶ月でPV数は27倍、ブログ収益は10倍になりました。読者に寄り添った記事を書くことがブログで結果を出すコツです。

過去、自分目線の日記ばかり書いていた

じつは僕も過去に書いていた記事は「自分目線の日記」ばかりでした。だからこそ、この記事を見ている貴方には無駄な失敗をしてほしくないと強く願います。ぜひ「読者目線の記事」をたくさん書いて「ブログ成功の道」を歩んでください。

自分が失敗したからこそ貴方の悩みも理解できます。自分で経験するからこそ相手の状況も理解できるようになります。これはこの先、貴方がブログを書くためヒントでもあります。自分が失敗した経験を「読者の悩み解決」に繋げていきましょう。自分なりに失敗するからこそ、読者の悩みに寄り添うことができます。

とはいえ「自分は好きなことを書いて成功してみせる!」という強い意志をお持ちの人もいるでしょう。僕のやり方が全てではありません。まずは自分のやり方でどんな結果が出るのか試してみるのもいいかもしれません。人は失敗を繰り返して成長していきますので。

読者の悩みには「伝わりやすい文章」で答える

上述したように、読者の疑問・質問に答えるような記事を書くことが基本です。しかし読者に伝わりやすいように書くにはコツがあります。感情のおもむくまま自己流で文章を書いても支離滅裂な文章になったり、論理破綻した文章になる可能性があります。

もちろん初投稿の記事から完璧な文章が書ける人は少ないです。ですので、あらかじめ文章の型を覚えることをオススメします。そうすれば自然と「伝わりやすい文章」読者の悩みに答えることができます。

また記事は後で修正(リライト)をすることもあります。型を意識せずに書いた文章はリライトが面倒です。作業効率のためにも型を覚えることをおすすめします。

この記事は2020年5月23日にリライトしています。(リライト前の記事 → こちらをクリック

伝わりやすく書くには「文章の型」を覚えよう

ちなみに僕は文章の型を覚えるために『伝わる文章を書く技術 – 「型」にはめれば、必ず書ける!』を読んで勉強しました。僕のブログ人生を激変させてくれたと言っても過言ではない一冊です。

本書では、企画書・レポート・紹介文など――文章の型が7つ紹介されています。それだけあれば多様なジャンルで応用させられるはずです。

  1. 企画書・提案書
  2. 報告書・連絡文・謝罪文
  3. 勧誘文
  4. レポート
  5. 紹介文・推薦文
  6. エッセイ・ブログ・日記
  7. 自己PR文・エントリーシート

また本書はところどころ漫画も挿入されています。文字だけの本が苦手な人でもとっつきやすい内容となっています。今後ブログを本気で運営していくのであれば一読しておいて損はないでしょう。いや、むしろ得だけかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました