【堅実】ブログのPV数を3倍に増やした「4つ」の方法

「PV数を増やすにはどうしたらいいんだろう?」
「頑張って記事を書いているけどPV数が伸びない…」

こんなふうに思っていませんか?

僕も前は同じように思っていました。この記事では僕が「PV数を3倍に増やした方法」をお伝えします。

ちなみに僕は簡単なことしかやっていません。あくまでも一般的な「SEO対策」をしただけです。

基本的な対策でPV数は増やせる

僕がとった対策は以下のとおりです。

(1)400個あった日記を100個まで減らした
(2)残した日記を、読者が求める情報にリライトした
(3)文章構成を意識して書き直した
(4)検索キーワードを意識してタイトルを付け直した

決して特別なことはやっていません。単純に「自分が書きたい日記」ではなく「読者のための記事」を書くようにしただけです。

その結果、PV数は6ヶ月(2019年7月~2019年12月)で約3倍になりました。

(1)PV数のない日記を400個 → 100個まで減らした

ブログ開設から約3年。日記を400個ほど書きました。しかしPV数は全然上がらず……。そこでまず手始めに、多少なりともPV数のあった日記を100個だけ残し、あとは裏に引っ込めました。

PV数のない日記はGoogle的に「評価が低いもの」と判断。そういった記事の割合が多いと、ブログ全体の評価も下がると考えました。

記事数を減らしたことで、最初はPV数が激減。しかし結果として400記事あったときよりもPV数は増えました。

(2)内容の薄い日記 → 読者が求める情報にリライトした

残した100個の日記はある程度PV数があったので、それらを「自分事の日記」から「読者が求める情報」にリライト。その際、以下の3点を意識しました。

・上位の記事を研究して「読者が求める情報」にリライト
・日記の寒いノリをやめ、記事らしいフラットな文体に変更
・無駄な文字装飾(色文字・太字・大文字)を排除

難しいことはせず、簡単にできることだけやりました。記事の内容を一新するので、もはやリライトというよりは新記事を書いているような感じでした。

とにかく面倒くさい作業でした。「最初からちゃんとやっていればよかった……」と後悔しましたね。

(3)文章構成を意識して書き直した 

100個の日記をリライトするので、闇雲にやっていては無駄に時間がかかるだけです。作業効率を上げるために文章の書き方を勉強して「文章の型(テンプレート)」をもとにして書いていました。

以下、型の一例です。

「リード文・序論・本論・結論」
「リード文・起・承・転・結」
「リード文・起・承・展・転・結」
「リード文・逆三角形構成」

型どおりに書くことで文章の流れがスムーズになります。読みやすい文章を効率よく書くことができるようにもなります。

型については以下をご参照ください。

(4)検索キーワードを意識してタイトルを付け直した

中身の修正が終わったら最後は記事のタイトルです。検索キーワードを意識して変更しました。

例えば以下のような感じ。

変更前 → スペシャルサンドおいしい!
変更後 → ヤマザキ「スペシャルサンド」発売当初は本当のチェリーを使用

この記事のキーワードは「スペシャルサンド チェリー」としました。またタイトルで結論が伝わるようにしました。その結果……

偶然かもしれませんが、狙ったキーワードで3位になりました。ただ上位2つは本家本元の山崎製パンのブログです。ですので、それを除けば実質1位です(2020年1月17日時点)。

PV数が伸びなかったのは日記が原因

これらの対策によりPV数は6ヶ月で3倍に増えました。この結果から、僕の敗因は「読者が求める情報」ではなく「自分が書きたい日記」を量産してしまったことだと考えられます。内容が薄いので必然的に文章量も少なかったです。

また、日記はSEO対策の観点から言うとデメリットの方が大きいです。

メリット:読者に自分のことを知ってもらいやすい
デメリット:検索結果の上位に表示されにくい

基本的に一般人の日記はほとんど需要が見込めません。そのため検索結果の上位に表示される可能性は限りなく低いです。

なぜ需要が低いのか? では人間関係に置き換えてみましょう。

――ここにAさん、Bさんがいます。

Aさん:問題解決につながる「的確な情報」を話してくれる人
Bさん:問題解決につながらない「個人的な昨日のできごと」を話す人

これを記事に置き換えてみましょう。

記事A:問題解決につながる「的確な情報」が書いてある
記事B:問題解決につながらない「個人的な昨日の日記」が書いてある

貴方はどちらの記事を読みますか?

PV数を伸ばしたいのであれば「読者が求める情報」を書くことをオススメします。

まとめ:SEO対策は読者への思いやり

こういった対策をとるために、ネットで調べたり、本を読んで知識をつけました。また文章の書き方も勉強しました。とはいえPV数を増やすためにやったことは、あくまでも「基本的なこと」だけです。

(1)評価の低い記事を引っ込める
(2)読者が求める情報にリライトする
(3)読みやすいように文章構成を意識する
(4)検索キーワードを意識してタイトルを付け直す

SEO対策は「読者への思いやり」。PC画面の先には必ず読者がいます。小手先のテクニックを駆使するよりも「読者が求める情報を提供する」ことが一番大切です。

正しい方向でSEO対策をすれば結果は出ます。僕も、まだまだ勉強中です。お互い頑張りましょう!