ブログの読者は一人に絞ったほうが伝わりやすい【ブログ初心者】

「なぜブログは一人の読者だけに書いたほうがいいのか?」
「多くの人に向けて書いてはダメなんだろうか?」

あなたはもしかして、こんなふうに感じていませんか?

この記事では以下の2点についてお伝えします。

(1)一人に向けて書くと読みやすい文章になる
(2)特定の人に向けて書くと気持ちが伝わりやすくなる

(1)一人に向けて書くと読みやすい文章になる

なぜ一人の人に向けた書いたほうがいいのか?

それは、読みやすい文章が書きやすくなるからです。書く内容が厳選されるので文章もまとめやすくなります。

初心者に向けて書く文章と、上級者に向けて書く文章は異なります。多くの人に向けて文章を書こうとすると、たくさんの情報を詰め込むことになります。

書籍であれば問題ありませんが、ブログの場合はレイアウトの関係上どうしても縦に長くなってしまいます。文章が縦長になりすぎると読みにくい原因になります。

ターゲットを絞って書くだけだけも、こういったメリットがあります。

・文章がまとめやすくなる
・レイアウト的に見やすくなる
・情報が厳選され理解しやすくなる

・後でリライトしやすくなる

(2)特定の人に向けて書くと気持ちが伝わりやすくなる

また、文章は誰か一人に向かって書かれているほうが、相手の心に刺さりやすくなります。

例えば、ラブレターを書くときは誰に向けて書きますか? おそらく多くの人に向けて書くことはないですよね。

その人だけに向けて書かれたラブレターには感情が入り、熱がこもります。そこからは一生懸命さが伝わります(付き合えるかどうかは置いといて……)。

ただPCの前でキーボードを打っていると、どうしても画面の向こうの読者のことを忘れがちになってしまうんですよね……。

なのでブログを書くときは読者像を思い浮かべてい書いてみてください。もし誰も思い浮かばないということであれば、近所の人、友達、過去の自分に向けて書くことをオススメします!

余談:きれいな文章である必要はない

伝わる文章といっても、べつにきれいな文章である必要はありません。誰かと会話をするときは、けっこう思いつきのまま話したりしませんか?

ブログも同じで、思ったことは素直にバーっと書いてしまいましょう。忘れないうちに情熱のまま書き切ってください。

そのままだと支離滅裂な文章になっているかもしれませんが、あとで推敲すればOKです。

……そうはいっても「そもそも文章が思いつかない」ということもあるでしょう。そんなときは「材料」が不足している可能性が高いです。材料を集めれば記事が書きやすくなりますよ!