高い声で歌うには「好きな歌手の声マネ」をしてみよう

「カラオケで高い声で歌いたい」
「どうやって練習すればいいんだろう?」

こんなふうに感じていませんか? 

結論からお伝えします。カラオケで高い声を出すには、まず「好きな歌手の声マネ」をしてみましょう。

難しいことは考えずに真似してみる

最初は難しいことを考えずに、とりあえず真似をしてみてください。うまく出来なくても問題ないです。闇雲にやってみてください。出来ないなりにも、続けるうちに掴めるものがあるはずです。

例えばスポーツ選手もそうです。有名な選手ですら、最初は試行錯誤の連続だったはずです。「あこがれの選手の研究をしまくった」という話はよく聞きます。

練習を始めた初期段階で、いきなり上手く出来る人はほとんどいません。最初は「質の高い練習」ではなく、「量をこなす練習」をしていきましょう! 

高い声を出すには「鼻にかかった裏声」が重要

今でこそ僕は高い声で歌えるようになりました。しかしそれまでに10年以上は試行錯誤してきました。

その経験からいうと、高い声で歌うためには「裏声」が重要です。「裏声を地声っぽく聞こえさせる」ことが、高い声で歌うコツだと考えています。

ただ裏声をそのまま出しても、やっぱり裏声のままです。地声っぽく聞こえさせるにはアパレルの女性店員のような声を真似してみてください。「鼻にかかった裏声を出す」というのがポイントです。

最初は『はじめてのチュウ』のような声で歌うことになります。

はじめてのチュウ

このままでは変な声でしかありませんが、慣れてくると歌手の声に寄せることが出来るようになります。

おすすめのボイトレ本

ちなみに、上述した内容は僕のオリジナルということではなく、下記リンクで紹介しているボイトレ本を参考に自分なりにアレンジした考え方です。

もしボイトレで行き詰まっているのであれば、この本を参考にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

・高い声で歌うには歌手の声真似をしてみる
・鼻にかかった裏声を意識して地声っぽくする

とにかく継続が重要です。バットの素振りを1000回やっただけでプロ野球選手になれる人はいませんよね?

上達するスピードは個人差があります。ですが練習量・練習時間に比例して上手くなっていきます!