【コラム】Twitterで発信者同士が相容れることはない

Twitterをやっていて感じるのは「発信者同士は相容れない」ということ。お互いに自分の発信が一番大事。自分のツイートをフォロワーに見てもらうことが最優先です。

言ってみれば、発信者同士は同業他社。自分の大切な情報すべてを相手に伝えることはないですし、相手からそういった情報が入ることもありません。

そこには相互利益も相互理解もありません。

ただ「安定して稼げている発信者同士」なら事情は変わると思います。

なぜか? 「安定して稼げている」→「自分の心が満たされている」→「相手の意見に耳をかたむける余裕がある」と考えられるからです。

まだまともに結果が出せていない者同士がお互いに協力しあうというのは、個人的に何か違う気がします。

心の安定は他者への思いやりに繋がる。

発信者同士が理解し合うためには、まず己の心を安定させること、安定するほど実績を出すことが先だと思います。


タイトルとURLをコピーしました