ブログのPV数を上げるには文章の型を覚えて「読みやすい文章」を書こう

ブログのPV数を上げたいけどどうしたらいいんだろう? とりあえず記事を量産してるけどPV数が上がる気配が全く無い。完全に行き詰まった……。

リョウカ
リョウカ

普通はブログのPV数をどうやって上げたらいいかわからないよね。僕もそうだった。だけど闇雲にブログ記事を量産してもPV数が上がることはないよ。

ブログ記事を量産することで少しはPV数が上がるかもしれません。でも文章構成を意識せず適当に書いた記事は読みにくいだけです。それでは読者が離れてしまいます。

しっかりと文章の型を覚えて「読者が読みやすい文章」を書くことがPV数を上げることに繋がると僕は考えています。実際それを意識してからPV数が上がりました。

リョウカ

10年ブロガー。いくつものブログやサイトを、開設して潰す、開設して潰す、を繰り返す → 全然稼げない。またある情報を真に受けてペラ記事を大量生産 → もちろん稼げない。

心を入れ替え2019年5月から本格的に文章の勉強 & コピーライティングの勉強を開始。10ヶ月後にブログPV数27倍、ブログ収益11倍に増加。

過去ブログで失敗した経験をもとに「読者の利益に繋がるヒント」をブログとTwitterで発信中!

じつは人見知り。カツカレーが好き。保護猫と同居中😺

リョウカをフォローする

PV数を上げるには「読みやすい文章」を書くことが重要

これはあくまでも僕の経験上の話です。ただ文章の型を勉強し「読者に伝わりやすい文章」でブログを書くようにしてからPV数が上がり始めたのは事実です。

2019年7月~2020年5月にかけて、PV数は以下のように推移しました。

変動の幅としてはなかなか大きいと思います。具体的な数値は守秘義務の関係でお伝えできませんが、変動幅としては約21倍増加しました。これも「読者が読みやすい文章」を書くように意識した結果ではないかと考えられます。

読みやすい文章だとそれだけでそのブログへの印象が良くなります。次に検索したときにそのブログが検索結果の1ページ目に入っていれば安心してそちらをクリックしたくなります。極論、1位の読みづらいブログよりも、3位の読みやすいブログに行きます。

読者のことを考えた文章を書くと多くの人に選ばれやすくなります。その場限りの適当な文章で検索1位になったとしても、先々を考えればしっかりと書かれた文章のほうが後で有利になる可能性が高いです。

僕が読者や顧客の立場なら、やはり誠意ある人について行きたくなります。文章でもそれは同じです。読者への誠意は数字として結果に現れるんでしょうね。

読者が読みやすい文章は自分もリライトしやすい

「読者が読みやすい文章」を書くことは、読者のためだけでなく自分のためでもあります。記事のリライトがしやすくなるんですね。読みやすい文章はプラモデルを作るように、論理的に文章や段落が構成されます。リライトする際にそれらのパーツをどのように組み替えたらいいかすぐに検討がつきます。

書いた記事の情報が古くなったときその部分を新しい情報へリライトします。ときには大幅な修正作業になることもあります。その際、文章構成を気にせず適当に書いた記事だと、どこをどうやって修正したらいいか分かりにくいです。最悪、収拾がつかなくなります。

一方、構成をしっかり意識した記事は修正箇所を簡単に見つけることができ、文章全体の流れを崩すこと無く修正できます。文章の構成を理解しているので組み立てなおすことも簡単です。

もちろん文章構成を意識して書くにはそれなりの勉強が必要です。習得するにも時間がかかります。だとしても最初の段階で努力しておけば後でブログ運営がとても楽になります。

僕の場合はPV数が上がり、ブログ収益も増えました。読者を思いやると最終的に「良い結果」として自分に返ってくるのかもしれません。

PV数を上げるために6年も悩んだ過去

僕は過去にブログのPV数が上がらずに困っていました。しかも6年近く。長いあいだ困っていたにもかかわらず何も行動に移せませんでした。我ながら「馬鹿」だと思いますが、何をすればいいのか分からなかったんです。

次に取る行動の見当がつかないと人は動けません。そんなときはその道に詳しい人に方向性を示してもらったほうが成功へ近づきやすくなります。僕のように「しなくていい失敗」を回避することもできます。

「失敗をしないと人は成長しない」という意見もあります。でも僕はそうは思いません。無意味な失敗をしても、それはただの時間の無駄でしかない。失敗するにしてもそれをどう活かすかの検討がついてないと意味がありません。

だから僕は「PV数を上げたい。でもどうしたらいいかわからない」という人に、僕が上手く行った方法論を伝えてあげたいんです。偽善と言われようと、僕が情報を提供することで貴方が成長できるなら Win-Win だと思っています。

とはいえ自分の利益だけを考えている人にこんなことを言っても伝わらないとは思いますが……それはそれでOKです。

文章の型を学べば必ずPV数が上がるの?

文章の型を学べば必ずPV数が上がるかというと、それは保証できません。どんなに伝わりやすい文章を意識しても、その記事を求める人がいなければ読まれません。よってPV数は上がりません。

読者がどんな記事を求めているか知るには「キーワード選定」をしましょう。そうすれば読者のニーズを把握した上で記事が書けます。闇雲に自分が伝えたいことを一方的に書いても読まれません。

ただキーワード選定の仕方がわからない人もいるでしょう。僕のやり方をお伝えしますが、ここだと話がそれるので別記事で説明します。

文章の型を学ぶためのオススメの本

「文章の型を学ぶと読まれやすい文章になり、結果として多くの人に求められる」。これは理解してもらえたと思います。ただ文章の型はどうやって勉強すればいいのか?

僕は『伝わる文章を書く技術 – 「型」にはめれば、必ず書ける!』を読んで勉強しました。

この本には文章の型が7つ紹介されています。

型1 企画書・提案書(相談をするときの文章)
型2 報告書・連絡文・謝罪文(報告や連絡、お礼、お詫びをするときの文章)
型3 勧誘文・依頼文(お願いをするときの文章)
型4 レポート(成果を読んでもらうときの文章)
型5 紹介文・推薦文(相手におすすめするときの文章)
型6 エッセイ・ブログ・日記(自分の記録のための文章)
型7 自己PR文・エントリーシート(自分を知ってほしいときの文章)

『伝わる文章を書く技術 ―「型」にはめれば、かならず書ける!(著:向後千秋)』P88

とくに重宝したのは「型5 紹介文・推薦文」の型。これは商品レビューを書くときに使えます。ブログで稼ぐにはレビュー記事を書いた方が収益に繋がりますので。

正直、文章の型を学ばなくてもブログを書くことはできます。ただ時間の効率化、後々の修正作業(リライト)などを考えると勉強して損はないです。そもそも勉強すること自体が面倒かもしれません。だとしても、PV数が上がる、ブログ収益も上がる――と考えると勉強する価値は十分にあると思いませんか?

貴方はブログを書くことで最終的にどうなりたいですか? それを考えると今後何をすればいいかが見えてくるはずです。もちろん「やる気があれば」ですけどね!

タイトルとURLをコピーしました