【レビュー】ブログ、Twitterで結果を出したいならぜひ! 『ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則』の感想

ブログの書き方

ブログで稼ぎたいけどなかなか成果が出ない。『ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則』を買って勉強しようと思うけど大丈夫かな?

リョウカ
リョウカ

僕もこれを買うときは少し不安だった。でも大丈夫だよ! この本はブログで稼ぐ考え方の参考になる。あとTwitterでフォロワーを増やすときの考え方にも転用できるよ。

僕は以下のことで悩んでいました。

  • ブログで収益が出ない
  • Twitterでフォロワーが増えない
  • 熱のこもった文章の書き方がわからない

このような悩みを抱えつつ、闇雲にブログを書きまくったり、Twitterでは相互フォローをしまくったりしました。しかし良い結果は出せませんでした。あるとき文章の勉強を始めるついでに、長年毛嫌いしていたコピーライティング(セールスライティング)の勉強もはじめました。すると思いのほかいい結果が出るようになりました。

「コピーライティング=広告の書き方」です。一見するとブログとTwitterには関係がないように感じます。でもそこが落とし穴。ブログで稼ぐにしても、Twitterでフォロワーを増やすにしても、広告訴求の考え方はとても参考になります。勉強して損はないです。

リョウカ

・なぜブログで成果が出ないの?
・どうやってブログを書けばいいの?
・なぜこのブログが上位表示されるの?

ブログが苦手な人には色々な悩みがあります。僕のブログ歴は10年ほど。そのうち8年くらいは成果が出ませんでした。

そんなダメブロガーがたった1年ほどでPV数27倍、収益11.5倍になったのは……

①文章の型
②コピーライティング
③マーケティング

これらを勉強して「読者目線」でブログを書くようにしたからです。

ブログを本気でやっている貴方なら何かしらのヒントが掴めるはずです。

◆P.S.
カツカレーが好き。過去プログラミング挫折。保護猫と同居中😺

リョウカをフォローする

スポンサーリンク

難しいけど、ブログやTwitterで活用できる内容が多い

本書には「35の見出し(キャッチコピー)の型」が載っています。これだけでも本書を購入する理由になります。ブログ記事のタイトルはもちろん、Twitterでフォロワーを増やす考え方にも転用できます。以下で僕が参考になった部分をお伝えします。

  1. ブログ・Twitterで活かせる「35の見出しの型」が便利
  2. ブログを書くときに読者に訴求する3つのポイント
  3. たった一人に向けて文章を書くと熱意が込められる

①ブログ・Twitterで活かせる「35の見出しの型」が便利

著作権の兼ね合いで「35の見出しの型」の全てを書くことはできません。ただ僕が「これはイイ!」と感じ、使ってみたものを紹介します。

  • 言葉遣いによくある間違い
  • 全ての女の子が知っておくべきこと
  • 求む! 自分の車で移動販売をしたい方
  • どうやってひと晩で人気者になれたか
  • さようなら、時代遅れのエアコン
  • ガソリン代を節約したいドライバーのみなさん
  • 成功したい若い人たちへ

引用:本書P108-139

これらは本書で紹介されている見出しのごく一部です。35個中の7個ではなく、約200個の見出しを35に分類した中のたった7個。それらすべてが参考になるわけではないですが、それだけ多くの見出しが紹介されていれば、上述したようにいくつかは使えるものがあるはずです。参考になったものを自分なりにアレンジするといいですね。

②ブログを書くときに読者に訴求する3つのポイント

(前略)うまくいった広告はすべて、次の3つのいずれかに基づいたアピールになっている、すなわち、「セックス、欲、不安」である。(後略)

引用:本書P144

これは広告を書くときの考え方です。しかし「読者の悩みを解決する情報を書く」というブログを書くときの考え方と共通しています。またGoogleも「Googleが掲げる10の事実」の中で「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と説明しています。

上記で引用した3つは、ブログを書くコツ、Googleの理念、に当てはまっています。セックスは肉体的な行為そのものではなく「モテたい」という感情も含んでいます。欲、不安は「もっと稼ぎたい」「生活を豊かにしたい」「人間関係を改善したい」といった感情ですね。

人は自分の悩みを解決したいからネットで検索をします。そういった欲求を満たしてあげるコンテンツ(記事)を作るといいんです。そうすると結果的に多くの人から求められるブログになります。ひいてはPV数も上がり、ブログの収益にも繋がります。

ちなみにこの考え方は「Twitterのツイート術」にも転用できます。これを応用してツイートすれば多くの人から反応が得やすくなるでしょう。

③たった一人に向けて文章を書くと熱意が込められる

文章を書くときのコツも本書には載っています。参考になった部分は以下。

友達に手紙を書いているかのようにコピーを書くといい。こう考えるのだ。「この商品を買ってみたら、実にいい。友人のジムとベティもきっと知りたがるはずだ。手紙を書いて教えてあげよう」

引用:本書P181

これはブログとTwitterに応用できる考え方です。漠然と大勢に向けられた文章よりも「この人に伝えたい!」と的を絞ったほうが言葉に鋭さが出ます。伝える相手を一人に絞ったほうが、むしろ多くの人に刺さる言葉になります。

大衆に向けられた演説に足を止める人はあまりいないですよね。それは伝える相手を決めていないからです。もし目の前の人をつかまえて演説するなら伝え方が変わります。聞き手への呼びかけも「みなさん」から「あなた」になりますね。

あくまで「コピーライティング=広告の書き方」です。しかし考え方次第でブログ、Twitterなどに幅広く応用できます。心を動かす文章を書くことにも繋がります。これを勉強しなかったらブロガーとしてもったいないですね。

【簡易まとめ】本書で参考になったところ

上述した内容を簡単にまとめます。

  1. 見出しが約200例もあるからキャッチコピーを考えやすい
  2. 「欲、不安」などを解決する記事を書けば読まれやすい
  3. 一人に向けて書くから多くの人に刺さる言葉になる

僕は『ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則』の内容をブログとTwitterだけで活用していますが、見方を変えれば他の業種でも本書の内容が参考になると思います。またマーケティングとコピーライティングは相性がいいです。それらの知識があるなら本書の内容をより深く理解できるでしょう。もし興味があれば読んでみてください。


リョウカ
リョウカ

お読みいただきありがとうございます。この記事の主要な部分はここで終わりです。以降は個人的な話なども含まれますので、余談として読み流してもらえればと思います。本書を購入するに至った経緯などを書いています。もし気になるようであれば目を通してみてください。

「胡散臭い!」とコピーライティングを毛嫌い

そもそも僕は「コピーライティング」という言葉に嫌悪感がありました。言葉の響きに「胡散臭さ」を感じていたんです。具体的に「何が?」と聞かれても上手く説明できないですが、感覚的に怪しいと思っていました。一度思い込んでしまうとなかなかそれを覆すことはできないですね。結局10年以上コピーライティングにふれること無く毛嫌いしたままでした。

そんな中、2018年5月にカラスに襲われていた赤ちゃん猫を保護しました。いまはその子と一緒に暮らしています。それをきっかけに「この子のためにもブログで稼いで独立する」そう思ったんです。そこから文章の勉強を本格的に始めました。最初は「文章の型」を勉強していただけでした。しかし知識が増えると「ブログ稼ぐにはコピーライティングの知識も必要」とわかりました。

コピーライティングを学び始めて分かったのは「ただ単に広告の書き方」だったということ。こんなに毛嫌いしていたのに、猫を助けたことがきっかけであっさりと「コピーライティングが嫌い → 好き」に考えが変わりました。猫のために考え方を一瞬で変えられる自分の素直さとバカさ加減に笑いましたね。

もちろんコピーライティングだけではダメです。文章の型の知識も必要です。記事を書いたら推敲・編集もしないといけません。ただそれらを差し引いてもコピーライティングは「ブログで稼ぎたい人」ならあって損はないスキル。ぜひ勉強してもらいたいですね。

リョウカ
リョウカ

――少し熱く語りすぎました。愛娘(猫)が絡むとどうしても熱くなってしまう……長々と申し訳ないです。

本書の価格はAmazonで3500円ほど

本書の価格はAmazonだと3500円ほど(2020年5月27日時点)。価格だけ見ればちょっとお高く感じますが、内容の濃さを考えればむしろ安いです。今後ブログで稼ぐことが目的であれば、先行投資で購入して損はないです。むしろこの知識を知らないほうが機会損失。本気で取り組めばブログで毎月5000円は稼げるでしょうから、書籍代は普通に回収できます。

こんな人には本書をオススメしない

ただし以下のような人には本書をオススメしません。買っても損をするだけです。

  • 読むだけで何の努力もしない人
  • 一回読んだら終わりの人
  • コピーライティングに興味がない人
  • ブログで稼ぐことを目的にしていない人
  • 読者目線の記事が書けない人
  • 世界は自分を中心に回っていると思っている人
  • 自分の利益ばかり考えている人

知識を得たらそれを自分なりに活かせるように行動しないと結果は得られないです。またブログ初心者、Twitter初心者は「内容が難しい」と感じるでしょう。1度読んで終わりではなく参考書のように何度も読み返してほしいです。

また「ブログで稼ぐ=ブログで商品を売る」です。それは「商品を売って読者の生活を豊かにする」ということ。そのためには「自分の利益」よりも「読者の幸せ」を最優先に考える必要があります。自分勝手な押し売りは多くの人を不愉快な気持ちにさせます。

コピーライティングの本質は「売ること」ではなく「購入者の幸せ」だと僕は考えています。――なぜブログで商品を売るのか? それは読者の笑顔を引き出したいから。それを見た自分も幸せな気持ちになります。コピーライティングは「読者への思いやり」です。

買ったあとに後悔したくない

僕が本書を購入したことで得られた結果は大きいです。でも「そんなに簡単に上手くいくのか?」と疑問に感じると思います。貴方が本書を購入する前に想定しうる疑問にお答えします。ただその前にひとつ。「買っただけでは何も得られない」とだけは伝えておきます。

やはり自分なりに試行錯誤する必要はあります。どんな業界でもそうですが、努力しない人は何も結果が得られないです。ブログも「自分なりに考えて行動する人」でないと成功するのは難しい。僕は根性論が嫌いです。しかし努力は絶対に必要です。

質問1:本書を読めば絶対にブログで稼げるようになるの?

本書を読んでもブログで稼げる保証はないです。結局「稼げる、稼げない」は貴方の努力次第。正しい方向に努力を積み重ねれば稼げるようになるとは思います。曖昧な回答でガッカリしたかもしれませんが、それが現実。

「ブログ=店舗」と考えてください。お店の収益を上げるには本を読むだけではダメですね。正しい方向で努力をし、ちゃんとお客さんを呼び込める仕組みを作っていく必要があります。その仕組みに決まりはないです。人によって様々なやり方があります。

ブログで稼ぐことはこれと同じです。稼ぐ仕組みを自分で作ってくことなんですね。その方法を構築するヒントとして本書の考え方がとても参考になります。収益の大小に関わらず「稼ぐための考え方」に大きな違いはないです。そして稼ぐ仕組みを構築するのはもちろん貴方です。

もし貴方が「本を読んだけでブログでがっぽり稼げるようになる」と思っているなら、そもそもブログ自体やめたほうがいい。その考え方では成功できない。――厳しいことを言いますが、これが現実です。

質問2:本書を読めば絶対にTwitterでフォロワーを増やせるの?

上述したとおり考え方はブログと一緒です。本を読んだだけでTwitterでフォロワーが増やせるほど甘くないです。それで増えたら誰も苦労しません。人は誰しも「楽をしたい」と考える生き物。僕もそうです。しかしそんな事を考えている暇があるならフォロワーを増やすために行動を起こしましょう。

実際、僕はフォロワーを増やすために本書の「見出し」などを活用しています。しかしその考えに至るまでには3ヶ月で1000時間くらいTwitterに時間を費やしています。たかがTwitterにそれだけ時間を費やすのは馬鹿かもしれません。とはいえ効率的にフォロワーが増やせるようになりました。

ブログのときと同じことの繰り返しになりますが、「本を読んだだけでフォロワーが増やせる」と思っているなら、そもそもTwitterをやめたほうがいいでしょう。そんなに甘くはないです。――何度も厳しいこと言って申し訳ないとは思いますが、これも現実です。

追伸:他のブロガーより一歩前に出るためにも

ここまで長々と読んでいただきありがとうございます。最後まで読んでくれたということは、貴方は普通のブロガーよりも本気度がかなり高いはずです。そんな貴方が読んでくれたことをとても光栄に思います。

あらためて僕が本書で参考にした部分をお伝えします。

  1. ブログ・Twitterで活かせる「35の見出しの型」が便利
  2. ブログを書くときに読者に訴求する3つのポイント
  3. たった一人に向けて文章を書くと熱意が込められる

本書を読めば、本気度の高い貴方なら必ず活用できるはずです。今後ブロガーはブログとTwitterを連動させる技術を身に着けておいて損はないです。ブログで稼ぎたいならもちろんですが、Twitterでフォロワーを増やすのにもコピーライティングの考え方は応用できます。この知識を知っているだけで他のブロガーより一歩前に出ることができます。

ここだけの話、この本をTwitterでフォロワーに紹介したんですが、誰も興味を示さないんですよね。僕の紹介の仕方が悪かったのもあると思います。まぁTwitterをやっているブロガーのほとんどは「ブログで稼ぎたい!」と言っている割には行動に移さない人ばかり。貴方がちょっと行動を起こせば一気に追い抜けますよ。ブロガーの多くは「努力しない人たち」ですから。

だからこそ本気の貴方には、ぜひ本書を読んでほしいです。ちょっと高いですけどね。でも貴方なら余裕で回収できますよ。

文:リョウカ

タイトルとURLをコピーしました